ランチェスターはビジネス経営戦略

ランチェスターはビジネス経営戦略

ランチェスター戦略は航空工学のエンジニアのフレデリック・ランチェスターにより提唱された法則であり、もともとは第一次世界大戦中における軍事戦略として考えられたものです。それまでの軍事論というのは思想的な部分や精神的な部分を中心に着目されていたものがほとんどであり、実際には科学的根拠に大きく欠けるものが大半だったのです。

ランチェスター戦略が日本で生まれたという事実は、あくまでもビジネス経営戦略として考えられた場合の話となります。ランチェスターの法則がとっても画期的な存在であったのは、軍事戦略を一つの数式として表現されていたことです。

経営に応用したものが、法則から変わったランチェスター戦略です。科学的なアプローチにおいて軍事戦略を立てたランチェスター戦略は、まさに元祖といっても過言ではありません。

軍事も経営も、相手の力を奪うことで自分たちが優位な立ち位置に立つという目的は共通しており、「軍事戦闘での勝敗を市場競争の勝敗に置き換えたもの」と考えることで、ランチェスター戦略を理解しやすいかと思います。そのベースとなる考え方に関しましては、実は1914年にイギリスにて既に生まれており、それが一般的な「ランチェスターの法則」となります。